IPOとは「新規公開株」のことで、その名の通り、新たに証券取引所に上場する株のことです。 通常、上場する前にその株を取り扱う証券会社によって、株の一部を抽選で事前に購入することができるようになっています。 この際の公募価格は、一般的に割安に設定されているため、実際に市場で株の売買が始まった場合、公募価格よりも株の値段が大きく値上がりする可能性が高くなります。 特に、人気のある企業の株が新規に上場する場合には、この傾向が高いでしょう。 そのため、公募価格で株を購入し、初値が付いたら売り抜ける方が多いのです。 そうすることで、大きな利益を手に入れることができますよね。 そのような理由でIPOに人気が集まっているのですが、誰でも購入できるわけではありません。 購入申込みをする投資家が多いので、公募価格で購入するには抽選が必要となります。 また、注意しなければならないこともあります。 それは、IPOが必ず儲かるとは限らないということです。 大きく値を上げるのを期待していたのに、実際はそうでもなかったといった場合でも、柔軟に対処できるようにしておきましょう。